声も体も態度もデカイ!

私の職場には非常勤の外部理事が複数名いて、週に何回かは出社してくるのですが。その中に一人、まだ理事になったばかりの人に、私も上司もイライラしっぱなしです。まず声がデカイ。非常勤なので電話で連絡をすることが多いのですが、とにかく声が大きくて、あまりの大きさに思わず受話器を耳から遠ざけてしまうのですが、それでも聞こえるし、隣の席の人も「あの理事さんでしょ?」とわかる程の声の大きさで耳が痛くなります。自分の話をひとしきりしないと他人の話をきかないところがあるので、最初の何分かは受話器から耳を離してます。会合などは録音し、後で聞き直して会議録を作成するのですが、他の人の声の大きさと全く違うので、その度にキーボードを打つ手を止めてボリューム調整をしないといけないので、余計な時間がかかっています。会合でも、他の人が話しているのに、自分の意見ばかり大きな声で話し始めるので、まったく話がまとまらず、時間ばかりが過ぎることが多く、残業になってしまいます。態度もデカく、以前からの理事にも「考えが古い」「今は時代が違う」と自分勝手に物事を進めた結果、相手方からクレームがきて、他の理事や職員が尻拭いをすることも多いですが、馬鹿らしくて誰も本人には言わないので、「俺がやったんだ」と他のお客さんに自慢する始末です。経営陣ではないのですが、よく職員達に「あんた達は所詮職員なんだから、俺(理事)の言うことが聞けないなら辞めてもらっていい」というのが口癖で、会合の日程調整も理事長に確認して決めているのに、「何で理事の俺に聞かないのか」と怒り、「理事長の都合が悪くなったので」と勝手に相手方に変更の連絡し、「理事長や他の理事には職員から連絡しておけ」ということも度々。相手方にはいい顔をして話を合わせているようで、後になって「話が違う」「余所から違う話を聞いた」とクレームがくることも多いのですが、何を言っていたのかわからないので、職員はひたすら謝るしかない状況です。背も高いのですが、それ以上に横が大きいのに、大きな声でくだらない冗談?ギャグを言いながらフロアに入ってくるので、夏場は暑苦しいです。一年中汗をかいていて、せめてハンカチやタオルで拭えばいいのに、そのままにしているので、ものすごく不潔です。そのせいか体臭もきつく、会合などで隣の席になった人も「今日も臭かったね~」と、こっそり言っています。煙草も吸うので、煙草の匂いと体臭が混ざり合って、気分が悪くなりそうです。それでもフロアに入ってくると、職員の仕事ぶりをチェックするかのように、ウロウロと一人一人に「今何してるの?」「困ったことはない?」と言いながら回るので、暑苦しいのと匂いがひどいのとで、隣の席の人はその理事が帰るとすぐにフロア中に消臭スプレーを噴射しています。もうとにかく当たらず触らず、最低限のことしか話さないようにして、なるべく関わらないようにしています。

気持ち一つで変わるもの

私がシングルマザーの時に、昼間の事務の仕事だけでは生活できず朝刊の配達をしていた時の事です。深夜0時過ぎに家を出て1時過ぎにトラックが到着。それから配達の部数を分けバイクに積み配達出発。という流れなのですが、睡眠不足もあったり慣れない仕事のせいかなかなかはかどらず、周りの方々が助けてくれていました。
20代~60代と年齢層は幅広かったのですが、女性は自分を含め3名でした。2名の方は50代のベテランの方々でした。はじめは声をかけてくれたり優しかったのですが、だんだんと嫌味を言われたり、新聞の束でわざとぶつかってきたりと、まったく身に覚えがない嫌がらせをされるようになりました。
何かを聞いても無視や、やってもいないことをやったと言われたり本当に辛かったです。しかし優しく話したり教えてくれていたのに、何故だろうといろいろ考えてみましたが、本当に心当たりがありませんでした。初心者なので、教えていただく立場なので生意気なことを言った覚えもありませんでした。
しかし、よーく考えてみたところ、一人私にとてもよくしてくれて面倒をみてくれる男性がいたのですが、どうやらそのことへの嫉妬のようでした。
私は母子でよほどかわいそうに見えたのか、野菜をくれたり仕事が早く終わるよう助けてくれたりと、本当にお世話になっていました。
私は必死だったので、ただただ有難く感謝していたのですが、私が入る前にその女性がその男性にいろいろとお世話になっていたようでした。
その方達の年齢は自分の両親と変わらない方達だったので、正直びっくりしました。
毎日嫌味を言われたり、嫌がらせをされるのは辛かったのですが、仕事を辞めるわけにはいかなかったのでどうしたものかと悩みました。
どうせ仕事をするなら楽しくやりたいと思い、腹立つけれども自分から話してみようと思いました。
相手を変えたければ、まずは自分から。そう思い、子育ての事、どこの病院がいいかなど積極的に話しかけてみました。周りの人たちは静まりかえりどうなることやらと見ていましたが、話しかけると少しずつですが話してくれるようになりました。
その人の興味のありそうな話、その人が自信を持って話せそうな話題をいろいろふってみました。私が辞めるころには何事もなかったかのように普通になりました。
友達や職場など、どんな人間関係でもそうだと思いますが、相手は鏡ということを頭の片隅におくように心がけています。不愛想にすれば相手も不愛想。楽しくすれば笑顔が増えて楽しい関係に。自分の気持ち一つで変わるんだなーと感じた出来事でした。
子育てでも、人間関係でも、自分の気持ちの持ち方や振る舞いで回りも変わるんだなと感じます。きっと、まわりが変わってるのではなく、自分が変われているんでしょうね。
辛い時こそ笑いながら、楽しく乗り越えられるよう過ごしていきたいと思います。

出来もしないくせに勝手に仕事に時間制限を付ける上司

会社の事業計画を策定する部署に居ますが、とにかく何の仕事につけても、その資料は3時間で出来るはずだ、その仕事は3日で終わらせられるという
根拠もない時間制限を目標に仕事をさせる上司がいます。
しかも、その上司はパソコンはワードしか出来ません。
それなのに、わが部署は膨大な原価データを、アプリケーションを使って迅速に集計して、そこから言えることを導きだして、現状を改善するための企画提案を実施する部署なのですが、仕事が降ってくるたびにワードしか出来ない上司が、時間制限を勝手に決めて、各々の担当に仕事を振ってくるのです。
全く根拠のないところから出た完了目標時間に関しては、数値に厳しい部署だけに担当から不平不満が出ます。
都度、なだめて担当を動かし、都度進度に合わせてフォローを入れてる私としては、中間に居るものとしてはとっても苦痛な毎日です。
ある日、比較的大きな話を持ってきて、これを2日で仕上げられるはずだ!と言われた時には、流石の私も頭に血が上り、それはどう考えても無理でしょ?と苦言しましたが、
全く聞く耳を持たず仕事を振ってきたので、部下は当然のことながら、全員がやる気を無くして退社する始末です。
私としてはどうしていいものやら、板挟みで困ったものですが、このままでは仕事も進まないので、
翌日、上司と納期について無理なことを直談判して納得してもらえないので、部下を緊急招集して上司と業務プロセスについて打ち合わせをすることにしました。
そして、今回の業務に対してのプロセスとタイムチャート表を作成し始めたところ、思惑通りに、上司の言う内容は業務プロセスは前後するし、タイムチャートはむちゃくちゃなことを言い出しました。
そして、これでOKですかとお伺いを立てたところ、それでOKなので君たち進めてくれと立ち去ろうとするので、
この内容では、我々の頭では理解できないので、もう少しお時間いただけませんでしょうか?と言いなだめて、30分くらいという事でお付き合いいただきましたが、
業務のプロセスの順序がめちゃくちゃなので、各プロセスで何を目的目標にするのかを明確にホワイトボードに書き出して頂いた後、前後関係を見たうえでおかしいところを入れ替えて見直し、この繰り返しをしてようやくプロセスがまともになったところで1時間半が経過していました。
まとまったところで、追い打ちをかけるように、そこで必要なデータ量を記入して、必要時間を記入していきましたが、どう足し算をしても2日でなぞ終わりません。
そこで、お得意の「そのデータ量なら1時間で出来る!」というので、その場で手本を見せていただくようにしました。
無論、そんな集計はワードではできませんので、出来ないのは当たり前です。
上司はエクセルもかなり昔に、四則演算でやったくらいのものなので、MOS認定資格を持っていて、SQLやVBAを使っている私としては、
赤子の手をひねるのと同等に容易な内容です。
かなり、手荒い危険な方法でしたが、上司は自分が出来ないその作業の大変さを思い知ることとなり、それ以降あまり時間や日程に対して、
目標を設定することは無くなりました。
今では、ちょっと物足りない?ですかね(笑)

出世を期待しない

30代男性です。
以前勤めていた会社で、部長職にあたる人にとても不遇な扱いを受けました。
具体的にはえこひいきをされてボーナスが50万ほど下げられました。
また、違う会社でも「出来が思ったよりよくないので、来月から年俸を100万下げる」とも言われました。
会社員なのでそういわれてしまうと「はい分かりました」としか言えないのが
現在の日本のサラリーマンとしては仕方のないところかと思います。
付き合い方としては、「その上司をあてにしない」というところだと思います。
その上司のせいでー、とストレスをためて自分の健康や人生を台無しにするのが
一番あなたにとって良くないことだと、自分自身の経験からとても思います。
お金・昇給以外の部分は、自分の考え方や行動の仕方でどうにもなることかと思います。
※メールも証跡になりますし、極論言った言葉もボイスレコーダーにとってしまえば証拠になります。
そこまで腹をくくってしまえば、あとは自分がどう生きたいか?によると思います。
自分がしてきた行動は、必ず返ってくると思います。
上記であげた方々は、たとえば他の方からも同じように印象を持たれていたり
会社自体がブラック企業としてインターネット上では有名な会社になっています。
短期的には
趣味など自分がしたいことをしたり
美味しいものを食べたり
仲間を作って対策を立てて行動するのが良いと思います。自分の人生ですからより良いほうに動かしたいですね。
※愚痴を言い合うのはあまりおすすめしないです、自分自身は何も悪くないですので
長期的には
その仕事や業種が好きなのならスキルアップを目指したり資格を取ったり
また他にやりたいことがあるなら違う方面に自己啓発したり能力をつけたり
人間関係の視野が広がると、いろんな視点からものが考えられたりモチベーションが大きく上がることもあります。
交流会などはおすすめです。
今ならFacebookなどでも多くイベントもありますので、ぜひ参加してみると面白いと思います。
個人的には、いろいろな人と話をするお会いするのが一番効果的かなと思います。
どうしても疲れたときや嫌なことがあるとその人やその物事を考えがちになったり、疲れていると家で寝ていたいとなりますが
そういうときに外に出て、人の流れを見たり普段行かないような場所に行ったり普段会わないような人に会ったりだとか
実際に話をしてみると、よい発見があったりすることもありますし
何よりその原因となっていたことを忘れやすくなるかと思います。
最初にも言いましたが、自分の人生をよりよく楽しく過ごすために自分が楽しいことを考えるのが一番だと思います。
仕事第一という生き方は今の時代にだんだんそぐわなくなってきたと思います、給料が少なくても豊かな人生を送りましょう。

駄目な上司に真向から反目すると損するだけ

仕事を覚える途中ではまわりが皆目上になります。だからこそ同期入職者の絆がかたくなるのですが、通常の仕事は上司に支配されがちです。その上司が人間的にすばらしい人であれば仕事はバラ色ですが、そんな事はまずありません。上司も人間であるので弱点もあるし、更に上の上司から厳しく言われる事もあるだろうし言い返せない不満を部下にぶつける上司は珍しくありません。その程度であれば仕事の第一歩として我慢を覚えるしかないのも社会の中で生きて行く上では必要な事です。しかし部下に刃物を突きつけたり、肉体関係を迫ったりといった犯罪まで受け入れる必要はまったくありません。例え上司であっても人として許されない事を部下に求めれば、社会的制裁を受けて当然です。
妻帯者である上司から肉体関係を迫られそうになったらスマホの録音機能を使って証拠を残しましょう。それを複写した後で交渉できる上司であれば再発防止を約束させ、どうしようもない上司であれば会社のコンプライアンス担当部署に通報するか弁護士など社外に助けを求めるかして自分を守るべきです。一度泣き寝入りすれば悪質な上司は何度も不当な要求を繰り返すものです。常に一人の時に自分を守るのは自分しかいない事を前提に、助けを求められる様に備えておけば泣き寝入りすることもありません。
実際に刑法に触れるほど不当な事を求める上司はそれほどいません。しかし毎回不快な思いをさせられる程度ではなく、手柄を横取りされたり失敗の責任を押し付けられたりする事はどんな仕事でもよくある事です。そんな場合にもとにかく事実を記録しておく事が非常に重要です。特に失敗が深刻な場合には責任問題に発展しますが、上司は左遷や降格を恐れて部下の責任にするケースが多くあります。そんな場合に部下は左遷や降格させられることこそ無くても、人事評価を著しく下げられます。また人の嫌がる仕事を大量に押し付けられる口実にされたりするなど、様々な不利益を被ることになります。仕事をしていればある程度不利益を被ることは時と場合によっては仕方ないのですが、がまんの限度を越えていると考えた場合には反撃する材料が必要になります。そうした時に正確な記録を残してあれば、上司の責任を問えるのです。
それでも仕事を教わり手助けを受けている上司の方が仕事の上での力が強いのは当たり前です。だからこそ、仕事を早く覚えてできるという評価を受ける事が重要ですが、成長する部下を快く無く思う卑劣な上司もいます。そう云う上司は職場にマイナスのはたらきをするので、必ず反感を持つ人がいます。反感を持つ人が誰でどんな思いを抱いているかを把握すればいざと云う時に頼りになる仲間となるかも知れません。それでも反抗する時には準備を周到にして一気に逆転できるまで準備を続ける必要があります。

パワハラの内容によっては回避できるかもしれないです

パワハラと言っても上司が上司である立場を利用して起こす嫌がらせですがその内容は様々です。仕事を頑張っているにも関わらず仕事ができなと嫌味を言われたりするような場合では上手くいけば回避できる可能性もありますが、特定の人を能力には関係なく必要以上に優遇して誰かを攻撃するタイプであれば回避は難しくなってきます。この場合では上司と優遇される部下が同姓であれば、改善策も考えられますが異性だった場合は個人的感情が入っていることが多いので難しくなってきます。例えば男性の上司が好みのタイプの女性の部下を優遇してその女性が嫌いだと言った人に対して、何も非がないにもかかわらず攻撃する場合は改善できるとすれば、会社の労働組合に訴えるか上司よりも上の役職の人に相談をするかになるのですが、この場合は人選も大事になりますしかなり大きなことになってしまいます。実は私もこのタイプのパワハラに5年耐えたんです。しかし、誰に相談しても改善されなかったのですがその理由は社長ではないですが、その職場で一番上の立場の人がパワハラをしていたからなのです。こうなると我慢するかその仕事を辞めるかの選択になりやすく、私は辞めたのです。後悔はしていませんし精神的にとても楽になって胃痛も治まったので良かったと思っています。まずは相手が攻撃する隙を与えないこととある程度はハッキリと発言することも大事です。しかし頑張っても改善されない場合は転職も視野に入れて考えたほうが良いと思います。パワハラやセクハラをする人は繰り返すことが多いので標的から外されたと思って喜んでいると、今度は他の人が標的にされているのを見ることになってしまうんです。これは精神的にも良くないです。自分なりに改善策を実行してみてもダメな場合は誰かに相談することが大事ですがそれでも解決するかどうかは解らないです。仕事をする上でここまでしなくてはいけないのかと思うかもしれませんが、パワハラをしている上司にお中元やお歳暮を贈ってみるのも良いと思います。その時には既婚者の上司であれば奥さんが喜びそうなものを選んでおくと奥さんの機嫌が良くなると不思議と旦那さんである上司も機嫌が良くなることが多いのです。ここまでするのは面倒かもしれませんがこれでパワハラなどから解放されて仕事に専念できて働きやすい環境になるのであれば簡単なことだと思います。お中元やお歳暮で貰って喜ばれる物は自分の母親に聞いたり上司と同年代の女性に聞くことで解ると思います。物を貰って家族が喜んでいれば悪い気はしないものなんです。家庭の中が明るくなりますし家族との会話も増えるので苦手だったり嫌な上司と上手く付き合うにはこういう方法もあります。

上司とのつきあい方

小さな会社に勤める会社員です。
上司とのつきあい方について
人数が少ないので(20人ほど)、直属の上司は2人だけです。人間的にはとてもよくできた方で、飲み会などではふつうに酒を酌み交わすことができ、馬鹿話もたくさんすることができ、楽しい時間を過ごすことができます。しかし業務になるとちょっと違うかなという感じです。一人の方は自分の業務しかしません。こちらが困ったときでもすぐには動いてもらえず、催促して始めて動くといった感じです。本来は、業務が重なり、一方が無理な場合は上司がそれを補うというルールなのですが、他の同僚にその業務を振って自分は何もせず、自分の業務を進めるといった感じです。何度かその点については要望してきているのですが、そのときは聞いてもらえますが実際には対応してくれません。今の段階では、職場の同僚もなれてしまっているのか困っても上司にヘルプを求めたりしません。なので職場のきつさがしだいに積み重なっているのかなという状況です。もう一人の上司はあまり自分たちには関わろうとしません。その上、会議の場になるとかなりレベルの高い目標を設定してきて、こちらとしては業務が多くなり、正直きつなという実体です。こちらから問題点を指摘しても、逆に「あなたがたはこの点についてどう思うのか」と話題をすり替えてこちらに質問をたくさんしてきて答えさせるというふうな感じです。とても頭がきれてとても頼りになるのですがついていくのはいっぱいいっぱいという感じです。
残業について
小さい会社ですので残業手当はありません。パートの方は時間になるとさっと帰ってしまうので残った仕事は正社員の私たちで片づけるという感じですが、なにせ業務内容が多く、先々の準備もたくさんこなさなければならず、残業は当たり前という感じです。業務を終えるのは平日では7時くらいが当たり前という感じです。リーダー役になるとさらに時間が下がり、日付をまたぐこともしばしばのようです。私たちもそのフォローはもちろん、自分の業務で時間が足りず、休日出勤も当たり前の状態になっています。自分は子どもの関係もあり土曜日がつぶれてしまうので、いつも日曜日に休日出勤をしています。日曜日は朝8時くらいから昼過ぎまで仕事をするのが当たり前の状態になっています。同僚もいつも数人出てきています。中には土曜日日曜日両日出てきたり、日曜日の昼からも残って仕事行う人もいます。上司はもちろん出てきていません。忙しさを訴えても「わかった」「上に伝える」の一辺倒でなかなか現状改善にはつながらないのが現実です。せめて手当が付くとか、振り替えの休みをもらえるとかしてもらえないかと思っています。

人事としてのハラスメント事案

私がこれまでに人事として経験してきたハラスメント事案とそれぞれの解決への道程を紹介させていただきます。
1障がい者雇用の契約社員への一般社員からのパワーハラスメント
この事案では障がい者雇用で採用された契約社員(以下Aさん)が通院のために早退することに対しての、一般社員からの嫌味や早退間際に業務を押し付けるなどの嫌がらせがあったため、前述のAさんから上司に相談があったために発覚しました。詳しい状況を確認するために上司立会いの元、人事としてお話を伺うことになりました。Aさん自身、通院のためとはいえ早退することに引け目を感じていたために嫌味を言われても流していたそうです。しかし、通院のために早退するその間際に業務を押し付けられることで通院に支障をきたすことで体調管理に深刻な影響があるため、其の点に関しては早急に解決する必要を感じ、Aさんも上司に相談をすることになりました。まずAさんの所属する部署が総務部であることから業務内容が雑多であり、所属メンバーの全員がそれぞれ違う業務を担当していることとAさんをその全員のアシスタント的なポジションに従事していたことが解決の糸口になりました。つまり、アシスタント的なポジションではなく、AさんにはAさんの担当業務をしっかりまかせ、早退間際にアシスタントに業務をおしつけることが無いようにしたのです。それとAさんの障害の内容をあらためて総務部のチームミーティングのなかで説明し、通院の必要性を周知することでAさんの早退を逆に皆が手伝っていこうという流れにできました。これによりAさんへのパワーハラスメントはかなり軽減されることになりました。
2女性メンバーばかりのチームに配属された唯一の男性社員へのパワーハラスメント
この事案では女性メンバーばかりの部署に配属された中途採用の男性社員(以下Bさん)へのOJTがらみでのパワーハラスメントです。OJTを任せられた女性社員がこのBさんの評価を下げるために部署内での共用データを照会させない・Bさんに業務の手順を説明しない・Bさんに手順不明のままで依頼した作業のミスを指摘・指導をしないだけでなく、ミスを本人以外の部署の人間に逐一報告することでBさんの評価がどんどん下がり、部署内でBさんが業務を覚えることのないままにどんどん居辛くなってしまいました。Bさんは上司に相談したところ、OJT担当をその女性社員から別の社員に帰ること、OJTの方法を見直すことでこの事案には対処し改善されました。
3縁故採用を疑われた女性社員へのパワーハラスメント
この事案では役員と親娘関係にある女性社員(以下Cさん)が縁故採用であると疑われ、嫌味を言われるなどのハラスメントが発生しました。Cさんはこの件に関してうつ病で出社が難しくなり、心療内科での診察を受け診断書の提出とともに休暇の申請をしてきたことで発覚しました。人事としては縁故採用に関しては非常にデリケートな問題で、実際に縁故採用は一切しないのが決まりです。もちろんCさんにかんしても通常の選考を行い採用にいたったわけです。この事案ではCさんと人事・産業医とで何度も面談を繰り返し、平行して心療内科への通院を繰り返しCさんご本人の気持ちをもっと前向きにとらえることで嫌味を流せるようになったことで精神的に強くなってもらえました。Cさんの職場復帰には3ヶ月ほどかかりました。

パワハラ系上司と自分大好き上司

私がストレスに感じる上司は2人います。
まず、一人目はとにかく横暴。パワハラが凄いんです。
会社の未決定事項に関して、「あいつはマジで口が軽いからほんとに信用できない」と言いながら、自分も未決定事項に関してどんどん口を滑らしていきます。別に口を滑らせる分には全然かまわないのですが、人のことをさんざん口が軽いと散々馬鹿にしているのを見るとイライラします。
しかも、やたらと独り言が多くて尚且つ声がでかいんです。自分の仕事を自分で増やしているにも関わらず、あー忙しい、なんで俺ばっかりこんなに忙しいんだ、とやたら大きい声で忙しいアピールをしてきます。
誰かに押し付けられた仕事で文句を言うのはまだ良いですが、自分でとってきた仕事に対して、文句をでかい声で言われたらもうイライラしますよね。じゃあとってくるなよ、って。
これで黙って仕事していれば、ああ頑張っててすごいな、という風になるかもしれないのに。
加えて一番イライラするのは、人によって態度を変えることです。
自分より目上の人、立場の強い人には全然おとなしくしているのに、自分よりも明らかに弱い立場の人間に対して、あからさまな態度の違い。しかも、弱い立場の人間のミスを、皆の前で見せつけのように怒る。これが最低です。
こないだもあったのは、ある弱い立場の人間Aさんが、資料を作ってきてと頼まれて資料を作成しました。その資料に対して、現場の人が記入をする形式になっており、事務所に置いてありました。それを見つけたパワハラ上司が、なんでこんなところに置きっぱなしになっているんだ、とブチ切れまして、その紙をにやにやしながら隠したんです。
そもそも隠す、という方法は小学生のいじめのように感じました。上司として部下の失敗を喜んでみている、こんなにイライラすることはありません。
それで、反論すると怒鳴り散らしてくるのです。本当に小学生としか思えません。
もう一人は、もっと理解のある上司なのですが、話は聞いてくれるものの、全く行動に移さない上司です。
自分の都合の悪いことは全く動かずに、しれっと人に振ってくるのです。
いやいや上司なんだから、面倒くさい部下に指示しなきゃいけないのはお前だろ、と何度思ったことでしょう。
そのくせ女の子が好きなので、まあこれ俺がやったんだけどね、というような聞いてもない武勇伝アピールをしてくるのです。
普段は温厚なくせに、自分のことになるとすぐに怒り、周りに当たり散らします。
俺の机にペットボトル置きっぱなしなの誰、とか言って、結局誰のだかわからないから、女の子の方に「こういうのするの誰なんだろうね」と会話のネタにして近づいていくのです。まあ、女の子の方は相談したりしてますが、全然裏で悪口言ってるのですが。

パワハラに、セクハラ、仕事辞めるだけさ!

パワハラ上司との付き合い方ですが、
こーゆー上司の性格は絶対に治りません。
あなたが絶対に勝ち目のある方法で戦うならば、
そして上司を追いやるなら別ですが、
そんなことをしているうちに自分自身が追い詰められてうつ病になってしまうと思います。
私自身、
仕事の、アレコレあり、耐えて耐えて耐え続け、
数年耐え続けて、
結果。。。人としておかしくなりました。
今でも何十年たっても心から笑えるところが少ないです。
友人とも会いたくないです。
人間らしい生活をかなりの年月無くしました。
だから、ドMの、心にゆとりの、ある方は、別として、
そういった職場にいることに全く意味がないと、今ならはっきり断言できます。
次の仕事を見つけたり、
止め方を考えたり、
そういったことが、冷静に、できるのは完全に
自分が人間としておかしくなる前です。
パワハラなど受けて
そのまま我慢してやれるところまで、
できるまで。。。。と真面目に頑張った場合、
気がついたら廃人になっていて、
その時に良い判断は絶対に生まれません。
やめるなら。。。早いうちに。
体調が、崩れ免疫力がなくなったり、
家庭まで、壊れたり、
鬱になったり、、、それまでも色々な、シグナルはあると思うのですが、
だけど自分自身が壊れていくと言うのは本当に歯止めがきかないものなのです。
やめるなら、まだ冷静な自分があるうちに。。。
まだ次のことを計算できるうちに。。。。
だけど日本人は本当に我慢強い。意味もなくその苦しい場所に安住してしまったりします。
ダメですダメですダメですよー!
自分を大切にしてください。
日本人の、こういう気質が、あるから
だから、こそ、こういう上司が、のさばるのですよ。
パワハラにあっても、自分のせいかも、自分がもっと頑張れば
なんて、思っている前に、
次の仕事を、考えるか、
辞め方を、考えましょう。自分を目一杯大事にしてやってください。
本当に、人の性格変わらないから、
あと少し、もう少し我慢。。。。
なんて、やってるうちに、
自分自身が、廃車になってしまう。。。
私が、そうでしたから、
休みないまま。。。20日
高熱での出勤
長すぎる反省会
まるで、いじめ
むしゃくしゃしていると蹴ったりもされました。
耐えて耐えて数年。。。。
それで、鬱でした。
気がついたら。。。
動けない
なると、怖いですよ!
何も興味なくなる
食べない
おいしくない
寝てもすぐ起きるし、
私の場合は、
廃人の、手前で、辞めました。
だからけして、賢い辞め方ではありませんでした。
でも正直言って命があっただけ良しとしましょ!
といってもそこの仕事のストレスから大病を2つも、患いました。
病院の先生から伺いましたが我慢強いと、我慢強すぎると、
長生きできないそうです。